« 英語教員ワークショップについて | 英語教育学科トップ | 年間スケジュール(予定) »

「短期海外研修」及び「アメリカ手話」の近況

Summer program at Boston University and ASL class at NUFS


<短期海外研修>
7月中旬からアメリカのボストン大学にて実施される短期海外研修は、募集開始初日に定員の20名を超え、英語教育学科の新入生がいかに意欲的であるかがわかりました。今後はビザ取得のための説明会や事前研修を通して準備をしていくことになります。


<「アメリカ手話初級」>
4月18日、「アメリカ手話初級」の授業が始まりました。名古屋外国語大学が建学されて今年はちょうど20年目になりますが、「アメリカ手話」の導入は初めての試みです。今年度は英語教育学科だけの開講で、定員20名の選択科目でしたが、定員の倍を超す新入生が履修登録をするほどの関心の高さとなりました。すでに他学科の学生から聴講希望が出ており、来年度は全学に開放される科目であるだけにかなりの受講生が集まることが予想されます。受講生の皆さんには、単に言語学習の観点からだけでなく、その向うにある人と人とが分かり合えることの尊さを体験してほしいと願います。

写真上は講師のゴング先生、真ん中は授業風景、下は個別指導の様子

rss ATOM
更新情報を配信しています
お手持ちのRSSリーダーの特徴や対応フォーマットに合わせて[RSS], [Atom]をお選び下さい。