« 英語教育学科 菊地教授の「ニューヨークから故郷の復興を祈る」が「復興釜石新聞」に紹介されました | 英語教育学科トップ | 2012年度 ボストン大学研修について »

第6回 英語教育学科主催 教育講演会のお知らせ

第6回 英語教育学科主催 教育講演会を下記のとおり実施致します。

学生や一般の方も参加できるので興味のある方は是非ご参加下さい。
参加をご希望の場合は参加申込書に必要事項をご記入の上、11月2日(金)までにお申し込み下さい。



【主 催】名古屋外国語大学 外国語学部 英語教育学科
【演 題】「アメリカ手話の魅力 ―アオムシからチョウへ―」
【講 師】菊地 俊一 氏(名古屋外国語大学 外国語学部 英語教育学科 教授)
<プロフィール>
文部省短期在外研究員(イギリス・レディング大学)
文部省長期在外研究員(アメリカ・ボストン大学)
日米教育委員会フルブライト研究員(アメリカ・コロンビア大学)
専門:英語教育
著書・論文等:
「キーワード方式による英語字幕の可能性 -聴解補助の観点から-」
(1998)東京大学英語教育学研究会研究論集第2号, 34-43
「The Possibility of Teaching American Sign Language as a Foreign
Language in Japanese Universities」(2011)
名古屋外国語大学外国語学部紀要第40号, 67-93        他多数

【日 時】2012年11月10日(土) 10:00から12:00
      ※ 受付:9:30から、受付場所:7号館1階

【場 所】名古屋外国語大学 7号館 701教室 (地下1階)

【参加費】無料

【使用言語】日本語

【申込方法】(1)メール、(2)FAX    ※ 詳細はこちらをご覧ください

【内容】
アメリカ手話が言語として認識されるようになった過程について、アメリカで最初の聾学校ができた1817年から今日に至るまでの歴史を概観しながら、解説します。さらに、英語教育学科でのアメリカ手話の授業や、ボストン大学でのアメリカ手話実習についても紹介します。講演後半では、アメリカ手話を実際に体験していただき、簡単な自己紹介ができるようにします。講演終了後は、まるでアオムシがチョウに変身したかのような新鮮な感動ととともに、新しい世界が広がるはずです。
伝えたいという強い思いがあれば、音がなくても人と人はコミュニケートできることがわかっていただけます。



☆詳しい案内、および参加申込用紙はここからダウンロードして下さい。




POP2.jpg


rss ATOM
更新情報を配信しています
お手持ちのRSSリーダーの特徴や対応フォーマットに合わせて[RSS], [Atom]をお選び下さい。